Copyright (c) 2017 Tobe_Shrine All Rights Reserved.

 
 

男性の厄年は数えで、25・42・60歳。女性は19・33・37歳です。特に男性42歳・女性33歳は大厄といわれ、身を慎まなくてはならないとされます。

3歳の男女児・5歳の男児・7歳の女児が神社にお参りします。これまでの成長を感謝するとともに、今後も無事に成長するように祈願いたします。

お子様が誕生してから約30日後に神社にお参りします。新しい生命が誕生したことを神様に報告するとともに、健やかな成長を祈願いたします。

入学試験や資格試験に際して、日頃から行なってきた勉強の成果が十分に発揮できるよう祈願いたします。

車をご購入されましたら車祓をおすすめいたします。厄除けのご神徳をもつ当社にて、災難・災害を祓い除け、交通安全をご祈願いたします。

建築工事や土木工事に際して、工事が安全かつ順調に行なわれること、また完成後も建造物に問題が生じることのないよう祈願いたします。

建物が完成し入居するにあたり、新らしい建物を祓い清め、神さまに無事完成したことを奉告し、建物が末永く丈夫であること、また入居される方々の繁栄を祈願いたします。

人生の節目を寿ぎ、健康と長寿を祈願いたします。還暦:61歳、古希:70歳、喜寿:77歳、傘寿:80歳、米寿:88歳、卒寿:90歳、白寿:99歳。

新居での生活を始められる前に、家を清め祓い、末長くお守りいただけますよう、ご祈願いたします。また、家の解体、伐木の際にもお祓いをいたします。

国指定重要文化財の御本殿の前にて結婚式を執り行います。400年前の姿を今に伝えるお社にて、良き晴れの日をお迎えください。

願い事を祝詞にこめて、ご祈願いたします。

江戸時代、東海道の旅人に人気だった郷土玩具『戸部蛙』復興に取り組む当社では、戸部新左衛門慰霊碑を祀り、時代を超えて旅の安全を祈願いたします。

人には厄年といって慎まなくてはならない悪い年回りがあります。数え年で、男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳がこれにあたります。また、その前後一年を前厄(まえやく)・後厄(あとやく)といいます。とくに男性42歳・女性33歳は大厄といって、もっとも忌み慎まなくてはならない年とされます。災厄が身にふりかからないように、神社にお参りをして厄除祈祷をしましょう。また、身を慎み行いを正しくすることを心がけましょう。

【男性】

本厄25歳(平成7年生)

前厄41歳(昭和54年生)

大厄42歳(昭和53年生)

後厄43歳(昭和52年生)

本厄61歳(昭和34年生)

平成31年の

厄年

(数え)

【女性】

本厄19歳(平成13年生)

前厄32歳(昭和63年生)

大厄33歳(昭和62年生)

後厄34歳(昭和61年生)

本厄37歳(昭和58年生)

この他各種祈祷を承ります。お申し込みは、ご希望の日時を電話にてご予約ください。富部神社052-821-2909

戸部蛙が表紙の富部神社オリジナルご朱印帳をご用意しています。4色からお選びいただけます。

052-821-2909

457-0014 愛知県名古屋市南区呼続4-13-38

◉電車でお越しの方へ

名鉄本線・桜駅から南西方向に徒歩約10分

地下鉄桜通線・桜本町駅から徒歩約15分

◉車でお越しの方へ

桜本町交差点から南西方向に約5分